Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【ホビーストック】すーぱーそに子 濡れ透け抱き枕カバー

SuperSonicoHS1.jpgSuperSonicoHS2.jpg


ホビーストック製作
生地:スムースニット/2wayトリコット(パールロイカ/ライクトロン)
サイズ:150×50(スムース)/160×50(2way)

スムースニットパールロイカライクトロン
2009年11月発売/定価10,000円2010年12月発売/定価10,000円2014年3月発売/定価12,600円
ホビーストック 12,600円(送料込)※クリアファイル付
あみあみ 10,980円(送料:500円)










『そに子パールロイカレビュー』






この度、そに子アニメ化に合わせてライクトロン再販されるこちらの抱き枕カバーですが、
私も将来のアニメ化を睨んで前回のパールロイカver.を入手して寝かせてありました。
ええ。
アニメ化されるまではと手つかずで衣装ケースに入れておいたわけですが、ついに抱くときが来た。



というわけで、パールロイカver.のレビューを一応やっておこうと思います。
おそらく変わるのは生地だけじゃないので……。










SuperSonicoReview01.jpg


パールロイカとライクトロンで何が違うかと言えばもちろん肌触りですが、印刷も少しぼやけると言われていました。
現在では改良されてそれほど差がないんじゃないかとも言われていますが、
このそに子が改良前なのか改良後なのかはわかりません……。











SuperSonicoReview02.jpg


どうやってお股に挟めばスカートがこんな卑猥な形に盛り上がるのか……。 ←そに子が挟めば盛り上がるのよ。











SuperSonicoReview03.jpg


正直アニメを最初見たときは、こんな嘘みたいにピュアな女の子、
リアリティがなさすぎて感情移入できんわ……と思いましたが、でもそうじゃないんですよねー。
そに子の魅力というのはまさにあのお股のスカートの盛り上がりに象徴されているのです。











SuperSonicoReview04.jpg


エロゲメーカーのマスコットでありながらエロ禁止……だけれどもやっぱりエロゲメーカーのマスコットなので、
周囲はそういうのを期待しちゃうしそういう目で見ちゃうわけです。
そしてそれは周囲だけではありません。
ニトロプラス自身が、エロ禁止エロ禁止と思いながらもついエロくしてしまう。











SuperSonicoReview05.jpg


そに子自身は間違いなくピュアでおしとやかな女の子なのにそんな彼女の内面に反して体はわがまま放題で、
ロックバンドで成功したいという夢があるのにマネージャーは一級のグラビアモデルにしたいと言う。
そに子のエロくないフィギュアは簡単にエロフィギュアに早変わりするし、そに子のエロくない抱き枕もスカートが不自然に盛り上がる……。











SuperSonicoReview06.jpg


そういったそに子を取り巻くエロい波動を、ピュアだからこそ容易に受け入れしてしまうような危うさが彼女にはあって、

逆に我々周囲の側から見ればつけ込める雰囲気があるということなのです。











SuperSonicoReview07.jpg


それこそ、服を着たままシャワーを浴びて濡れ透けのちょっとエッチなグラビアを撮りましょうと言われれば、
私には無理ですと断ろうとするでしょうが、
どうしてもそういう写真が必要なのだと懇願されれば渋々こう答えてしまうのがそに子です。



「わ、私にお色気が出せるかはわかりませんが、

精一杯頑張らせていただきます」




で、いざやってみるともう、めちゃめちゃエロい。
そして仮にそこでたまらなくなったカメラマンに押し倒されてしまったとしても、
「や、やめてください」と言いながらもろくに抵抗できずにさらに言いくるめられてしまうのがそに子という女の子なんです。











SuperSonicoReview08.jpg


ね? 最高でしょ? ←変態っ!



このお尻がまたボリュームがあって、思わず顔をうずめたくなるような存在感なんですよねー。 ←変態変態っ!
ていうか、これほどエロいお尻はエロゲ抱き枕にもそうそうない……。











SuperSonicoReview09.jpg


背景がシーツじゃないことに文句を言う人もいますが、

このシチュエーションは萌えると思うんだけどなー。 ←変態変態変態っ!











SuperSonicoReview10.jpg


とにかくそに子の異常なほどの純粋さは加虐心を煽ります。
いわゆるロリコンという性癖は純粋でか弱い存在に対する加虐心から来ることが多いと思いますが、
そに子にはそんなロリキャラに近い純粋さとか弱さを感じますし、
何よりこのわがままボディですからロリとは違ってそういった加虐心が許される気がしてしまう。











SuperSonicoReview11.jpg


特にこのウラ面の表情は素晴らしいですね。
ブラを外されてお胸を隠す手の指がまたなんとも華奢で儚くて……。



そに子ほどめちゃめちゃにしてしまいたくなるような、そしてそれを許してもらえそうな女の子はそうそういないでしょう。
ロリ性と母性が両立している奇跡の存在。
もちろん2次元ならではだし、そういうギャップ感のある存在としてニトロプラスが見事に演出しているということです。
重ねて言いますがそに子本人はただ純粋なだけの存在だし、仮にエロゲのヒロインになってもあまり魅力はないでしょう。
だから抱き枕を抱くときも嫁とか恋人といった感覚だとしっくり来ないと思います。



そに子は誰のものにもなりません。
エロゲのヒロインのように誰かのものになっちゃった感はなく、でも誰でも受け入れてくれそうな真っ白くてエロい女の子。
そう。
まさしくそに子はエロゲ界のアイドルなんです。











SuperSonicoReview12.jpg


……って、え?
ソニコミで恋愛してたって?
や、PC版はスペック不足でやれなかったから知らんし。 ←自慢げに言うな。
PS3版は買うつもりですが、写真をPCに吸い出せるのかどうかが気になるところ……。



ちなみに全体的に写真がぼけて見えた人もおられるかもしれませんが、実際こんな感じです。
私の手がうざいと感じてる人もおられるでしょうが、
実はピンボケかどうかの見分けがつくように私の手をいっしょに写しているのです、はは参ったか。 ←マジで?!
生地のせいというのも多少はあるかもしれませんが、やはり元絵の解像度が低いのでしょう。
ジャギーが見えない代わりにぼかし処理でぼけて見える……という感じかなーと。
なので、ライクトロンになったからといって劇的に見映えが良くなることはないはずです。











SuperSonicoHSOld1.jpgSuperSonicoHS1.jpg


はい、今回のライクトロンver.での変更が生地だけじゃないと言ったのはこういうことです。
左が今レビューしたやつのサンプルで、右がライクトロンver.として出ているサンプル。
もちろん左のトリミングは今レビューしたやつと同じです。
まず間違いなく、ライクトロンver.は右のようにトリミングを変えてくるのでしょう。











SuperSonicoHSOld2.jpgSuperSonicoHS2.jpg


ちなみに今レビューしたそに子の頭の縦の長さは、オモテ面が23cmくらいでウラ面が22cmくらいでした。
そしてライクトロンver.はそれぞれ1cmずつ程度大きくなると思われます。
まあ、実際には些細な差でしかないと思いますし、等身大的にはライクトロンver.のほうがより良いと言えるでしょう。

<2014年2月14日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 すーぱーそに子  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.