×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【メディアファクトリー】リトルバスターズ! 抱き枕カバー

NatsumeRinMF1.jpgNatsumeRinMF2.jpgNoumiKudryavkaMF1.jpgNoumiKudryavkaMF2.jpg


メディアファクトリー製作
2013年9月発売/定価10,500円
生地:2wayトリコット(ポリエステル80%/ポリウレタン20%)<東洋紡>【日本製】
サイズ:150×50

棗鈴能美クドリャフカ
あみあみ本店 9,429円(送料:500円)
キャラアニ.com 10,500円(送料:500円)※テレカ付/受注販売(7月24日締切)

あみあみ本店 9,960円(送料:500円)
キャラアニ.com 10,500円(送料:500円)※テレカ付/受注販売(7月24日締切)










「いまいち意図が読めませんが」






NatsumeRinMFTeleca.jpgNoumiKudryavkaMFTeleca.jpg


わりとどうでもいいことですが、キャラアニで8,925円で予約開始していたこちらの商品が、
急にキャラアニ限定テレカ付きになって10,500円に値段が変更になりました。
予約開始した6月28日から本日7月12日の変更までにキャラアニで予約した人の扱いがどうなるかはわかりませんが、
少なくともテレカなしというチョイスは現時点ではなくなっています。



これはキャラアニのほうから申し出て店舗特典を付けさせてもらったという感じなんですかねー、エロゲ販売的に。
まあ、キャラアニ.comは自社通販を持たないMFグッズ部門の通販窓口でもあるので、
半ばオフィシャル通販特典って感じなのかもしれません。



しかしこうなると、キャラアニから鈴が発売される可能性が低くなったような気がしますねぇ。
メディファクと連動しているということであれば意識的にほかのキャラを選ぶでしょうし。
トリミングさえ修正してもらえればこの鈴でなんの問題もないわけですが……。

<2013年7月12日>






「メディファクさんに物申す」






ムービック→コスパ→AT-X→キャラアニと来て、ついにメディアファクトリーさんまでリトバス参戦です。

ヴァイスシュヴァルツかっ。 ←何そのつっこみ。



おかげで後回しにされたキャラハイさんは先月の新作発表がゼロという結果に。 ←完全な憶測はやめなさい。











NatsumeRinMF1.jpgNatsumeRinMF2.jpgNoumiKudryavkaMF1.jpgNoumiKudryavkaMF2.jpg


しかしこれは……。



んー。
等身大に対して並々ならぬこだわりがあるはずのメディファクさんが、なぜこのようなトリミングをしてしまったのか。
理由はまあ、明らかでしょう。











NoumiKudryavkaMF1.jpg


こいつです、こいつ。

このクド公が全ての元凶です。



広げた両手が左右ギリギリのところで収まってるでしょう?

つまり、これが限界。
さすがにこの手を切り落とすという判断はおそらくこの世の誰にも出来ませんので、
自然、このクドの印刷サイズの上限はこの手によって決まってしまっているわけです。

すなわち、小人。











NoumiKudryavkaGamers.jpgNoumiKudryavkaMF1.jpgNoumiKudryavkaMF2.jpg


完全にムービッククオリティです、ありがとうございました。 ←涙。



当然、両面で絵の大きさを合わせる必要がありますのでウラ面も小人。
そして同時に発売される鈴も極端にクドとのサイズ差を出したくはない……。











NoumiKudryavkaATX.jpgNatsumeRinMF1.jpgNatsumeRinMF2.jpg


そんな賢明すぎる判断が、この素晴らしい完成度の鈴を中途半端なサイズにしてしまいました。
一見、余白取りすぎのように見えて実際には程よい頭の大きさに仕上がっているAT-Xクドと比べれば、
残念な感じが伝わるでしょうか。
決して悪くはないんです。
頭身の大きなキャラであれば、十分許容できる頭の大きさです。
ですが、明らかにトリミング次第で完璧に近い鈴の抱き枕が完成するはずだったのを、
こんな形で駄目にされてしまったというショックは大きい。
カバーのサイズが縦150になっているのも、キャラがロリだからというよりは、
横幅をなるべく取りつつ無駄な余白を減らしたかったからでしょう。



メディファクさんは昨年の冬コミで斑鳩をパールロイカで作って以来、恋チョコ抱き枕3種もパールロイカ、
そして7月28日に開催されるMF文庫J「夏の学園祭2013」でもパールロイカで抱き枕を2種作られます。

ですが今回は定価が2,000円も安い謎2wayトリコット(おそらく以前使っていた東洋紡2way)。
一瞬、パールロイカに150サイズがないからかなーと思いましたが、
「夏の学園祭2013」で販売されるパールロイカはなんとそれぞれ160と150なんですよ。
パールロイカ150って初めて目にしますが、出来るんですねー。










EllenMF.jpgSilviaLautreamontMF.jpg


画像クリックでアキバBlogさんの紹介ページへ跳びます。
これを見れば、どれだけメディファクさんがサイズにこだわりを持っているかがわかるでしょう。
普通、背の低いキャラだからってわざわざ150サイズになんかしませんよ?

まあ、一般的な抱き枕erには嫌がられるこだわりですが……。 ←駄目じゃん。



150サイズと160サイズが両立するアニメ抱き枕業界に身を置くメディファクさんならではのこだわりなんでしょうねー、これは。
確かに小さい娘であれば本体も小さいほうが雰囲気は出るわけですが、
両方のサイズの本体を持つということ自体がハードル高いですし、
抱きにくいから大きいほうがいいとか言っちゃうリアリティがん無視の抱き枕erもいますので、
意外に支持されないこだわりだったりします。
私は好きですけどねー、こういうこだわり。

 ↑と思ったけど、やはり160に一本化してほしいです。
 10cmくらいだと体感としてあまり違いは感じませんし。
 140×45くらいでロリフォーマットが業界で策定されるのであれば、
 
 喜んで従いますけどねー。 ←潰されます、そんな業界。




それはともかく、150サイズに出来ないからパールロイカを諦めたというわけではなさそう。
ということはやはり小人トリミングにメディファクさん自身が納得してなくて、
こだわりのある抱き枕erにそっぽを向かれるのであればあえて高価なパールロイカを選ぶことはないだろう、
という判断で今回は安価な2wayトリコットを選んだのではないでしょうか。
もちろん恋チョコ抱き枕の売り上げを見た上で、
イベント限定はともかく一般販売組は安いほうが良さそうという判断になった可能性もありますが……。











AomiIsaraMF1.jpgNoumiKudryavkaMF1.jpg


しかし前回も同じ失敗をしたというのに、メディファクさんも懲りないですなぁ。
言いにくいでしょうけど、アニメスタジオ側への発注はちゃんとやったほうがいいですよ?
上下の余白はこれくらいで……みたいなサンプルだけでも示しておけば、無駄に横幅を使った絵にはならないはず。



……ていうかこれはもう、わざとやってるとしか思えないレベル。
同じ絵師さんだったりするのけ?











NoumiKudryavkaMF2.jpg


こっちのクド、可愛いのに。
もったいないなぁ……。











NatsumeRinMF1.jpg


鈴「り、理樹はへそを舐めるのが好きなのか?」

理樹「……鈴のだから舐めたいんだよ」

鈴「そ、そうか」




みたいな感じですかねー。
可愛い。











NatsumeRinMF2.jpg


そしてこの下着がまた、めちゃめちゃ可愛いですよねー。
あえて違う服装にせずに、ビフォーアフターな感じになってるのが素晴らしい。
鈴がこんなおしゃれ下着……しかもブルーの下着をつけてるなんて誰が想像するでしょうか。
これはグッジョブすぎ。
天才。



鈴「ま、またするのか?」

理樹「うん。……嫌?」

鈴「……(ぷるんぷるん)」




って感じですかねー。 ←もう経験済みなのね。











NatsumeRinMF1.jpgNatsumeRinMF2.jpgNoumiKudryavkaMF1.jpgNoumiKudryavkaMF2.jpg


とにかく鈴は表情的にも完璧。
下目遣いと上目遣いの両面仕様という、私に言わせれば夢のような仕様。
どこまで天才なんだこの絵師さんは……。



はっきり言って、メディファクさんには今からでもトリミングを修正していただきたいです。

もう、クドは諦めましょうよ。
なんといってもAT-X版という決定版がすでに存在するわけですから、ここはクドを捨てて鈴に注力すべき。

あとちょっと余白を削りさえすれば、類まれなる棗鈴抱き枕の完成ですよ?
ここは心を鬼にしてクドを切るべき。
もう4枚目ですしねー。










……鈴はもうこれが最後かもしれないんだよ?

<2013年7月1日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 リトルバスターズ!  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.