×Pos/抱き枕×
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
【電撃】ビビッドレッド・オペレーション 黒騎れい等身大抱きマクラカバー

KurokiReiDengekiM.jpg


アスキー・メディアワークス製作
電撃G's Festival! Vol.33(2013年4月22日発売)付録/定価4,200円
生地:スムースニット
サイズ:155×50














「黒騎れいレビュー」







KurokiReiReview02.jpg


大きなサンプルが出てるとあまりレビューする意味はないわけですがまあ、一応やっときます。

とりあえずお尻をどうぞ。











KurokiReiReview01.jpg


サンプルを見たときにもあれ? と思いながらスルーしてしまいましたが、
この左手の小指は一体どうしちゃったんでしょうねぇ……。











KurokiReiReview04.jpg


この性的な抱き枕絵には違和感がある、みたいなことを前回言いましたが、それでも欲しいと思ったのはなぜか。
絵が素敵だから?
確かにそれはそうです。
ですがそれ以前に、私はれいちゃんにはそんな感情移入してないはず。
それなのに、肌色成分の多い絵でスムースは御法度という俺ルールを破ってまで欲しくなった理由は、
どでかサンプルにずぎゅんとやられたからという本当にそれだけなの?











KurokiReiReview05.jpg


いいえ、違います。
違ったんです。
実際にこのれいちゃんを抱いていて気づきました。



私は確かにこの性的な抱き枕絵に違和感を持ちましたが、それは第一印象の話です。
まだアニメの放送が途中の頃。
その頃のれいちゃんの印象からは、こんな裸でうつ伏せになっているような抱き枕絵は想像もつきませんでした。

あの気が強くて高潔そうなれいちゃんが、なんでやねん、と。











KurokiReiReview06.jpg


しかし、最終話を見終えたあとの私……つまり前回の記事を書いた時点での私は、
すでにこの抱き枕絵のれいちゃんに違和感を覚えてはいませんでした。
それどころかむしろ、これぞれいちゃんの抱き枕絵だ、とすら感じていたのかもしれません。











KurokiReiReview07.jpg


ええ。
だって最終話のれいちゃん、すごく素直な女の子だったんだもん。











KurokiReiReview09.jpg


この表情を見てください。
これがれいちゃんの素顔ですよ。
すごく素直で従順な女の子。
だからカラスなんかに簡単にだまされちゃうし、だましたのねとか言って逆ギレしちゃう。



……あ、ちなみにこの真央の表情は、完全にだまそうとしている顔です。











KurokiReiReview10.jpg


ぶっちゃけイチかゼロかの厄介な性格だとは思いますが、一度信頼させればもうあとは思うがまま。

煮るなり抱くなり好きにしてください。 ←はい、煮ます!











KurokiReiReview11.jpg


2期ではきっと、みんなにおもちゃにされるれいちゃんが見られるでしょう。
まあ、そういうような話をキャストの皆さんもされてましたから是非、
こちらの抱き枕カバーが付録になっている電撃G's Festival! Vol.33をお買い上げになって、

中の冊子も御覧ください。 ←宣伝乙。












KurokiReiReview12.jpg


ちなみに最初の天使真央は中の人繋がり、
こちらの小鳥遊空は擬似小鳥遊六花&凸守早苗ということで比較させていただきました。 ←何それ。



擬似凸守早苗の苗字が小鳥遊というカオスっぷりがポイント。 ←中の人で抱き枕見るのやめなさいよ。











KurokiReiReview13.jpg


電撃付録の印刷がコスパスムースをはるかに凌駕しているのがおわかりでしょう。
これまで私は、電撃付録の印刷は高レベルだと思いながらも肝心のアニメ絵のものを買ったことがなかったので、
評価を保留せざるをえませんでした。
ですがこれではっきりしました。



電撃付録スムースの印刷クオリティはスムース最高レベル。
個人的にはAJスタンダードスムースよりも編み目が目立たない分、上と感じます。
色の再現性もほぼ完璧。
肌触りに関してはまあ、下のほうですけどねー。
以前のスベスベ生地ならムービックスムースと大差ないレベルですが、今の生地だとちょっと劣りますか。
フォトカノ新見遙佳あたりでは電撃さん、AJフィールスムースっぽいもっさりしたよく伸びる生地を使ってましたが、
今回の生地は以前のスベスベ生地とそのもっさり生地のちょうど中間くらいの生地になってます。
ちゃんと改良を加えてるんですねー。
なので、抱き心地はあるいはスムース上位クラスかもしれません。
環境によるのでなんとも言えませんが。











KurokiReiReview15.jpg


作画スタッフがクレジットされている珍しい仕様でございます。
サンプルのほうにも入ってたのでまさかこのまま印刷するのかと思ったらそのまさかでした。
うむ、グッジョブです。

<2013年4月29日>


↑ページの一番上へ










「でかいサンプルは脳髄に来るよねっ」






抱き枕絵って、やはり抱くものなのでエロくなるのは普通だとは思いますが、
ビビッドレッド・オペレーションという作品のよりにもよってれいちゃんというクールな女の子が、
なんで半裸で背中から抱きしめられるのを待っているのかと考えると、どうにも腑に落ちないわけで……。



とはいえ、素敵な半裸ですわ、これは。











KurokiReiDengeki.jpg


Amazonのサンプルがでかすぎてやばい。
線の汚さもはっきりとわかってしまいますが、それ以上に体のラインの美しさに目を奪われてしまう。
少し困ったようなれいちゃんのお顔が愛しくてたまらない。



これはやべえ。
スムースだけどやべえ。










……正直、最初に小さいサンプルで見たときは逆の意味でやばいとおもったんですよ。
なんかもう、なんのひねりもない半裸背面絵なんですもん。
裸にしたいけどお胸見せられないから裏返しました、みたいな。



そして何より、髪の毛がまずい。
うつぶせになって顔だけ振り向くのであれば、髪の毛は横に流れてないといけないわけです。
なのにこのように体の下に広がっているということは、
仰向けの状態で首から下だけひねってうつぶせになった、みたいなことになるわけですよ。



ぱっと見、首ひねりすぎで体と分離しているように見えた人は少なくないと思いますが、
髪の毛の状態が首から下を取ってつけたようになってしまっているのが実は一番の問題なんです。
最初は正面で描き始めたけどやっぱ背面にしようってことになって、
髪の毛含めた頭はそのままで首から下だけ描き直した、みたいな……。










なーんて言われたら気持ち悪くなってきたでしょー。
うふふー。
私は買いますけどねー、うふふー。 ←はた迷惑な人だな、あんた。











DengekiGsFestival33.jpg


しかしこれ、いわゆるオモテ面も描いてあるってことじゃないんですか? 差分で。
どうせなら両面にしてくれればいいのに、大して費用変わらないでしょうに。
まあ、差分じゃこっちのれいちゃんを抱くことはほとんどないでしょうが……。



さて、この作品、脚本はやっつけでしたけど、なんかキラキラしてていいアニメでしたよねー。
まさしくビビッドでした。
2期は間違いなくれいちゃんとももがブラックとピンクでチームに加わるんだと思いますが、今から楽しみですねー。
もちろん2期の話はまだ出てきてませんけど、まず間違いないでしょう。



ももなんて名前をつけておいて放置プレイとかよくやるわって思いますけど、
DOG DAYSのベッキーと同じプランなのでしょう。
2期のために寝かせているわけです。
うむ、すばら。

<2013年4月18日>


↑ページの一番上へ






キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.