Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【ホビーストック】はぐれ勇者の鬼畜美学 凰沢美兎 抱き枕カバー

OusawaMiu.jpg


ホビーストック製作
2013年1月発売/定価12,000円
生地:2wayトリコット
サイズ:160×50

あみあみ本店 8,375円(送料:500円)※予約開始9,480円(2012/11/13)→取り寄せ10,775円(2013/1/31)→在庫(2/8)→8,375円(5/11)→完売(5/13)
ホビーストック本店 12,000円(送料込)※マイクロファイバータオル付/予約終了(2013/1/8)→予約復活(1/22)→予約終了(1/23)→入荷(1/30)→完売(2/4)→復活(2/20)→完売(3/18)








「キャストオフ抱き枕カバー」




ホビーストック製作のアニメ抱き枕カバーはB型H系の山田以来ですが、もう2年以上経っちゃってるんですねぇ。
多分、ホビーストックさんとしてはもっと作りたいはずですが、
とにかくアニメ抱き枕は絵の出来が不安定ですから、なかなか難しいのでしょう。
そんな中、今回立体マウスパッドと合わせて抱き枕カバーを作ることに決めたのには、
秘策があったからだと思われます。



ええ。
多少、絵の出来がしょっぱくても、エロければ売れるの法則。 ←多分。










円盤でいくらおっぱい解禁されていたとしても、
一枚絵のグッズで解禁してしまってはもはやアダルト商品として売らざるをえない。
しかし版権元はほとんどの場合、アダルト商品は認めない。 ←多分。
となれば、合法的におっぱい解禁するにはどうすればいいか。
その答えはすでにフィギュア業界で示されています。

すなわち、解禁は自己責任でね? 方式です。



とはいえ、フィギュアとは違い今回の商品はシールをはがすだけの簡単なお仕事ですし、

そもそもシールとははがすためにあるもの。 ←ビックリマンユーザーに謝れ。
ていうか、どんなシールかわかりませんが、普通に考えれば自然にはがれちゃうレベルのものでしょうし……。
さすがにフィギュアほどの俺知らね感は出せないというわけで、一応、18歳以上推奨となっております。



それこそ、某夏葉のパンツのようにブラを縫い付けてしまえば全く問題ないのでしょうけど、
余分にお金かかっちゃいますしねー。
まあ、18歳以上推奨という形なら版権元もオーケーしてくれる可能性は高くなるでしょう、ということで、
アニメ抱き枕おっぱい解禁に向けてのこれが第一歩となるはずです。
今後は競合他社もこぞっておっぱいにシールを貼ってくることでしょう。



ホビーストックが特許を取らなければ……。 ←取れるのか、こんなので。











OusawaMiu2.jpg


しかしやはりホビーストックさん、絵にはちょっと恵まれてないですか。
立体感のないアニメ絵においてこういうリアルに垂れたおっぱいを描かれちゃうと、御覧のとおり、
胸元広範囲に渡ってただの肌色一色。
もはやぺったんとなんら変わりはないし、むしろ乳首の位置が離れている分、ぺったんよりタチが悪い。
やはり2次元おっぱいには谷間が必要なんですよねー。
観念的にこのだらしない感じがいいっていう人の感覚はわからなくもないですが。



あと、胴まわりも露出してあげてほしかったです。
そうすればもう少しほっそりして見えたと思うんですけど……。



あと、首が短い……。 ←文句ばっかり。











OusawaMiu1.jpg


こっちは悪くないですけど、腕を正面で組まれちゃうと抱くときにちょっと距離を感じちゃいますねぇ。
その距離を詰めるように無理矢理腕の上から抱き締めて、

ほーら、おっぱい潰れちゃうぞーとかやるのもなかなか乙だとは思いますが。 ←変態乙。



美兎の顔ってアニメでも不安定でしたし、どういう顔だと可愛いのか私にもよくわからないのですが、
もうちょっと可愛い顔が見たかったですねぇ。
まあ、ひとつ言えるのは、両面ともサイドの髪が跳ねすぎってことですか。
ここはちゃんと顔にくっつけないと、可愛さを損なうと思います。



抱き枕絵って、寝てる絵だっていうので髪の毛を乱れさせることが多いんですけど、
余程うまく描かないと元絵の可愛さを損なっちゃうんですよねー。
髪の毛って、実はすごく大事なので。
リアルでも。











OusawaMiu.jpg


まあ、そもそもウラ面の全てを受け入れちゃったような表情とポーズの美兎には違和感ありまくりですけどねー。
美兎なら、全てをさらけ出しても恥じらっていてほしいわけで……。

<2012年11月14日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.