Fos/抱き枕
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
【コスパ】ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU キュンキュン抱き枕カバー

KatsuraHinagikuKyunkyun.jpgSanzeninNagiKyunkyun.jpg


コスパ製作
2013年1月発売
生地:ポリエステルツイル(定価8,400円)/スムースニット(定価9,450円)
サイズ:150×50

桂ヒナギク
ポリエステルツイルスムースニット
あみあみ本店 8,400円(送料:500円)※予約開始(2012/10/27)→予約終了(12/8)→完売(2013/1/24)→4月再販予約(2/2)→取り寄せ(4/10)

あみあみ本店 9,450円(送料:500円)※予約開始9,450円(2012/10/27)→取り寄せ(2013/1/24)→完売(1/30)→復活(2/8)→6,596円(5/11)→完売(5/13)→10月再販予約9,450円(8/24)→完売(11/3)



三千院ナギ
ポリエステルツイルスムースニット
あみあみ本店 8,400円(送料:500円)※予約開始(2012/11/5)→予約終了(12/8)→完売(2013/1/24)→4月再販予約(2/2)→予約終了(2/15)→完売(4/11)

あみあみ本店 2,816円(送料:500円)※予約開始9,450円(2012/11/5)→取り寄せ(2013/1/24)→在庫→6,596円(5/11)→4,706円(6/21)→2,816円(6/26)→完売(6/27)









「ツンデレ娘の抱き枕にツンはなくてもいいと思うよ?」





SanzeninNagiCospa.jpgSanzeninNagiDokidokiCospa.jpgSanzeninNagiKyunkyun.jpg


うほっ。
こうして並べると、ヒナギク以上に違いを感じますねぇ。
1期の完成度が高いです。
2期のやつは表情とポーズがそれぞれツンとデレが逆になっててすごいという話をレビューでしましたが、
やはり1期のきっちり私服を着込んでツンとしているオモテ面とパジャマを着て髪を解いてデレっとしてるウラ面の組み合わせが、

素直でよろしいですねー。











SanzeninNagiCospa.jpgSanzeninNagiKyunkyun.jpg


少女にはフリフリな私服とパジャマがよく似合う。
1期のナギは完璧な出来といっていいでしょう。
それに比べて今回の3期絵ですが、逆にパジャマで髪を解いているほうがツンになっていて、
髪を結んでるほうがデレになっております。
しかも脱げかけのパジャマとビキニの水着ですから、完全なエロ志向。
まさしく1期とは正反対の絵柄に仕上がっておりますねー。



なぜかオモテ面だけ1期のように枕が描かれてますが、これはもちろん状況説明のためです。
右手ではだけたパジャマを抑え、左手で枕をつかんでますね?
ええ。
これは今まさにハヤテに向かってその枕を投げつけようとしている図なわけです。
つまり、寝ぼけて自分で脱いでしまったパジャマを、
起こしに来たハヤテが寝ている間に脱がそうとしていたのだと勘違いした、という。



2期絵のようなシチュエーションがよくわからないお色気ではなく、
ちゃんとハヤテの世界観で起こりうるエロスをイメージして描いたという、この枕はまさにそのなのです。
もしこの枕がなかったら、そこまでの状況はイメージできないでしょう。
それこそ私なんかこの枕がなかったら、怒ってたかも。



おいおい。
ナギが脱がされてにらみつけてるなんてシチュエーションなら、誘拐された以外、考えられないじゃん。
それならパジャマじゃなくて私服だろ、常考。




……ってな感じに。 ←怒り方がおかしい。











SanzeninNagiDokidokiCospa.jpgSanzeninNagiKyunkyun.jpg


まあ、そんなナギが寝ぼけた朝のひと幕をイメージできたからといって、
これからそのナギを抱こうとしている我々には全くのナンセンスではあるんですけどねー。

むしろ誘拐されたナギのほうが……。 ←やめなさい。



一方、水着絵のほうはシチュエーションは特にイメージしてない感じ。
オモテ面のように不自然な半脱ぎとかではないので、まあ、なんとなくでいいだろうという。
例えば、大人っぽいビキニの水着を家で試着したナギに対して、
グラビアモデルになれますよー、ちょっとポーズとってみてくださいませんか? とかハヤテが言って、

……こ、こうか?

ってポーズをとってる図、とか。



いずれにしても、両面ともちょいエロに仕上げるために少し無理をしていると言えるでしょう。
何せ相手はナギですからねー。
基本、エロとは程遠い。



ですから、自然に我々が抱きたいなと思うような絵柄にしようとしたら、1期のような形にするしかないんですよ。
ハヤテの世界観にエロは無理があります。
もちろん今回のパジャマの面にしても水着の面にしても、

誘拐されたことにすれば違和感なく抱けると思いますけどねー。 ←やめなさいって。











SanzeninNagiKyunkyun.jpg


や、実際、体の描き方は見事です。
パジャマのはだけ方が絶妙ですよねー。
ちょうど右手で抑えたところにパンツのサイド部分が来てるのでしょうけど、それこそはいてないように見えます。
こう、ふわっと全裸がイメージできちゃうような描き方って言うんでしょうか。
とてもいい感じ。



一方、背面絵の水着姿も、横から見える幼い胸の膨らみや肉付きのない背中とお腹のライン、
そして小ぶりなお尻の膨らみ具合とか、もはや完璧。
どこに出しても恥ずかしくない背面ロリです。 ←背面ロリ?












SanzeninNagiKyunkyunUP.jpg


ただ、やっぱり顔のバランスが個人的にはいまいちなんですよねー。
小さい画像ではわりと可愛く見えてましたが、これくらいの大きさで見ると微妙かも……。
この画像、ちょっとジャギってるので貼るべきか迷いましたが、やはり気になるので貼っちゃいました。
実際のサンプルはこんなに線はギザギザしてませんので、そこはお気になさらず。



んー。
絵そのものは素晴らしいんですけどねー。
あとは、このキャラデザを可愛いと思えるか否かという話です。
ぶっちゃけ、この拡大画像を見てなかったら私は買ってたかも……。

<2012年11月8日>


↑ページの一番上へ










「ヒナギクの抱き枕絵はウラ面が良くてオモテ面がいまいち」




キャラアニからクェイサー織部まふゆが出てきたときに、
バカテス秀吉・一騎当千関羽と並んで純粋なアニメ絵抱き枕化としては4枚で最多という話をしました。
ですが、ええ。
すでにそのときには桂ヒナギクは5枚に達しておりました。
そして今回で6枚目ということで、断トツの1位でございます。



関係各位並びに桂ヒナギク様御本人には誠に失礼をいたしました。
ここに謹んでお詫びを申し上げるとともに、訂正させていただきます。



栄えある抱きたいアニメ美少女No.1は……桂ヒナギクさんです!











KatsuraHinagikuCospa.jpgKatsuraHinagikuPerfectCospa.jpgKatsuraHinagikuBroccoli.jpg
KatsuraHinagikuMankaiCospa.jpgKatsuraHinagikuDokidoki.jpgKatsuraHinagikuKyunkyun.jpg


6枚中5枚はコスパですけどねー。 ←それって単にコスパがヒナギク大好きなだけじゃ。
右上だけがブロッコリー。
左上2つはコスパですがツイル版しか発売されてません。
ちなみにこのブログで抱き枕紹介を始めたときにはすでに全種完売してましたので、
この1期バージョンは紹介ページも作ってません……。



皆さんはどのヒナギクがお好みですか?
1期の大人っぽいヒナギクですか?
2期のロリヒナギクですか?
それとも3期のこれじゃないヒナギクですか? ←頭から否定しとるやん。



まあ、確かに今期のハヤテのキャラデザはひどいですけど、
平均で言えばもう少しアニメの絵は可愛いでしょう、ヒナギクは。
ウラ面は絵としては悪くないですが、表情がつくとちょっとアクが強くなるんですかねー、今期のキャラデザは。



しかしキャラデザはともかく、
個人的には2期で盛り上がったヒナギクと西沢さんとの三角関係の続きを楽しみに3期を見始めたわけですが、
あ、あれ?

違う世界線に来ちゃった?



西沢さんがなんかボロ雑巾のような扱いになってるんですけど……。 ←ボロ雑巾って。



でもまあ、あれでも今季のアニメの中では面白いほうでしょう。
キャラ萌えすることは多分なさそうですが……って、ありゃ?
せっかく記事を書き終えたと思ったら、コスパから今度はナギが来てますねぇ。
ですがナギについてはまた今度ということで……。










余談ですが、アニメ絵とゲーム絵の区別がつかない桂言葉を全てアニメ絵と考えた場合は、8枚で最多となります。
桂姓強し、ですねー。
媒体関係なく合計した場合はRioが11枚でトップ、朝倉音姫が10枚で2位、言葉とヒナギクは3位4位となります。
このランキングも以前は左サイドに貼ってたのですが、順位の変動がもはやなさそうなので消してしまいました……。

<2012年11月2日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 ハヤテのごとく  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.