Fos/抱き枕
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
【ドリームランド】立羽 オリジナル狐娘(おっぱい付き) 抱き枕カバー

KitsuneMusume.jpg


同人サークル ドリームランド制作
2012年3月発送/定価13,000円
絵師:立羽(たては)
生地:2wayトリコット(アサヒ・インターナショナル)
サイズ:160×50







12033101.jpg


アサヒ・インターナショナルさんのおっぱい付き抱き枕カバーは、
全てこういうパッケージ仕様になるようです。
いいですねー、これ。
贈り物にぴったり。



プラスチックのケースは汚いですが……。 ←どっちにしても贈らないからいいよ?











12033119.jpg


さて、このレビュー、どういう扱いにしようか悩みました。
松永燕おっぱいの紹介ページに入れ込んでしまうのが自然なんですが、 ←こら。
さすがにそれは電撃さんに悪いので新しくカテゴリを設けることにしました。
オリジナルキャラ抱き枕レビューのカテゴリを。











12033120.jpg


これまで私にとって抱き枕というのは、2次元キャラにより強く感情移入するための手段でした。
ですが、どうもうまくいかない。
アニメキャラに関して言えば、結局はそれほど感情移入してなかったってことなんでしょうが、
作品が終了したらすぐに好きな気持ちが消えちゃうんですよねー。
エロゲにしても、寝る前にプレーしてからそのヒロインの抱き枕を抱いて寝たりしてたわけですが、

特にいつもと変わらない。

やはりまあ、そのゲームやキャラに対してそれほど感情移入してないのが原因なのでしょう。











12033121.jpg


最近では穢翼のユースティアがかなり面白かったわけですが、ティアやリシアの抱き枕に対しては特に感情移入できず。
この間なんて、シュクレの茨木愛ちゃん抱き枕が届いてからルートを開始して5日ほどでクリアしたと思いますが、
その間、愛ちゃんの抱き枕を抱いたのは初日だけ。
まあ、それは予想外に愛ちゃんに感情移入できなかったせいなんですが、

なんのために買ったの……。











12033123.jpg


というわけで、抱き枕カバーを感情移入の手段として使うことに疑問を感じ始めました。
ええ。
やはり大前提として、そのキャラのことが本気で好きでなければならないのでしょうし、
そうでないのならば、本気で欲しいと思うクオリティの抱き枕カバーしか買うべきではないのでしょう。











12033126.jpg


とはいえ、本気で好きなキャラなんて多分、何年にひとりとかいうレベルだし、
本気で欲しいと思うような抱き枕絵っていうのも、実はあまりないんですよねー。
抱き枕に興味を持ち始めた頃はどれもこれも可愛く見えてましたけど、今はかなり冷静に見られるようになれちゃったので。








12033125.jpg


そんな中、実は2次元キャラに対するよりもはるかに感情移入しやすい要素が抱き枕には存在するんです。
それが絵師。











12033123.jpg


2次元キャラってその作品が終わってしまえば終わりですけど、
絵師さんは少なくともそれよりは長く活躍し続けてくれます。
まあ、人気商売ですし、絵のタッチが変な方向に行ってしまうことも人間ですからあったりしますが、
いずれにしてもこちらが深く感情移入するだけの積み重ねがあります。
特に絵っていうのは面白いもので、全然興味のなかった絵柄なのに、
不意に気になり出していつの間にか好きになっちゃってたりします。
なんか最近の絵柄は好きかも、とか思ってると、当時は全然興味のなかった昔の絵とか見ても、
あれ、可愛いじゃんって思っちゃう自分がいたりする。
で、そうなってくるともう、その絵師が描いたってだけで可愛く見えちゃう。












12033122.jpg


とはいえ、何かの作品のキャラである場合、やはり絵師よりもそのキャラの個性が感情移入において優先されます。
そうなると、どんなに可愛い絵でもいらねってなったりする。
だからこそ元の作品には触れないなんて抱き枕erもいるわけですが、オリジナルキャラならそんな心配は御無用。
私も今後はオリジナルキャラで純粋な絵師買いをやっていこうかなーと思っているのです。
もちろん同人抱き枕というカテゴリでくくってもよかったのですが、
二次創作系はあまり買わないと思うのでオリジナルキャラ抱き枕レビューというカテゴリでとりあえず設置してみました。










……ということで前置きが長くなりましたが、私の記念すべき初オリジナルキャラ抱き枕レビュー、
行ってみましょうかっ。 ←早くしなさいよ。











12033118.jpg


ここまでの写真でシワが結構汚いと思われた方もいらっしゃるでしょうが、
御覧のように私の不良品プレミアムソフト(多分)では、陥没してしまうのです。



ドリームランドさんやアサヒ・インターナショナルさんの本体は余裕で弾き返してるようなんですが、
やはりA&Jライクラ本体なのでしょうか。
私のライクラ本体のイメージは、体全体で抱くとかたいけど局所的にはよくへこむ、というものなのですが、
そうじゃないんですかねぇ。

そんなにかたいの?











12033128.jpg


このように横倒しにすると、重力に引っ張られてよれてしまいます。
本体に張りがあればあるほど、シワは出ないようです。











12033127.jpg


もちろん谷間を寄せようと思えば出来ますが、シワが汚いのでお見せできません。










12033103.jpg


おっぱいの下にミニクッションとか入れて盛ったりもしてみましたが、
そういうことをすると今度は顔の辺りとかの生地が浮かび上がっちゃったりしてフィットしなくなってしまいます。
とはいえ、これ以上ボリューミーな本体だと私の理想の抱き枕から遠ざかってしまうんですよねー。









12033104.jpg


まあ、馬乗りになって正面から揉んだりしてはダメですが、
背中に腕を回してぎゅっと抱きしめてあげればそれなりに胸まわりに張りが出ますので、その状態で楽しむ感じですかねー。
とにかく、所有本体でちょっと評価が分かれてしまうのかもしれません。











12033105.jpg


このおっぱいまわりのシワは、おっぱいが陥没して生地を下に引っ張り込むことで出来ているようです。
ですから、おっぱいを沈み込ませずに完全に弾き返すことができれば、かなりシワは軽減されるはず。











12033109.jpg


さて、いい加減、肝心の話をしなさいよとやきもきしている方もおられるかもしれませんね。
ではそろそろ本題に入りましょうか。



おっぱいの感触やいかに。

……って、え?
乳首?
乳首が気になります?
ずっと気になってたんですか?

それは失礼しました。











12033130.jpg


この乳首はにっぷるん2です。
シリコンで出来た乳首&乳輪をビニール皮膜で覆ってあり、
なおかつ底面は洗えば粘着力が戻るという粘着シート仕様になってます。
もはや至れり尽くせりの完璧な商品と言っていいでしょう。
同じくビニール皮膜シリコンのおっぱいとも相性は抜群。 ←多分。



ちなみにおっぱいポケットは上のようになってます。
円形に縫い目のような跡がついていますが、これが接着部分です。
1枚の四角い布をかぶせて、2つの円を描くように接着剤でくっつけてるだけです。
この円の部分以外はヒラヒラと浮いてます。
うむ、驚きの仕様。



視力検査のように円の上のほうが開いてますが、もちろんあそこからシリコンおっぱいを入れるわけです。
狭いので最初は接着部分が剥がれてしまうのではとビクビクしますが、わりとすんなり入ります。
そして接着部分はかなり強固に感じました。











12033111.jpg


もちろんにっぷるん2は自前。
御自分で御用意ください。
そしてマストアイテム。











12033110.jpg


なぜならこのおっぱい、かたいので。



当ブログの基準で言うと、ふにふにの下ってところでしょうか。
カバーに入れないシリコンおっぱい単体ではもう少しマシで、ふにふにの中くらいですかねぇ……って、え?

何言ってるかわからない?



……えっと。
シリコンそのものはやわらかく、さすったり軽く揉んだりする分には充分、
おっぱいの基準を満たしてると言えるでしょう。
ただ、深く揉み込もうとすると表面のビニール皮膜が邪魔をしてかたくなってしまいます。
当然、揺らしてもほとんどぷるんぷるんしません。
これは仕方ない。
ですが、カバーの中に入れることで、残念ながら表面的なやわらかさすら失われることになります。











12033112.jpg


立体クッションのカバーが2wayならば……って話をしたことがありますが、
さすがの2way生地でもこれだけ引き伸ばされると突っ張ってしまうようですねー。



このアサヒ・インターナショナルさんの生地は中国製ですが、中国製にわりと共通するように、感触は少し乾いた感じで、
伸縮は少しかため。
伸ばせば伸びますが、少し力がいる感じ。
個人的にはこのバネの強い感じが好きなんですけどねー。
ぎゅっと抱きしめると体にぴたっとフィットしてくれます。
その点、国産の2way生地はもっとボリューミーな本体でないとそういうフィット感は得られないように思います。



ですので、国産の2way生地であればもっとおっぱいの感触はやわらかくなるかもしれませんが、
一方でカバーの張りは弱くなりますのでおっぱいが陥没しやすくなるでしょう。

一長一短。











12033113.jpg


ちなみに立体クッションのおっぱい中身であるミニクッションをこちらのカバーに入れてみましたところ、さすがは2way。
スムースニットのカバーでは体育マットのようになっていたおっぱいが、ちゃんとやわらかい。
とはいえ、もちろんおっぱいのやわらかさではなく、クッションのやわらかさですけどねー。 ←まんま。
あと、ミニクッションの中綿のぼこぼこがモロに表面に出てしまいました。
美しい曲面が要求されるところですから、これはちょっと問題外でしたね。
ストッキングに綿を入れておっぱいを自作するって方法がありますけど、あれはぼこぼこしないんでしょうか。
ストッキングは張りが強いから大丈夫なのかな?










12033114.jpg


このにっぷるん2は乳輪部分の直径が6cmくらいありますので、わりと乳輪大きめなこちらの絵でも、

まだ足りません。

まあ、そこは仕方のないところ。
いずれにしてもおっぱいそのものはかたいので撫で回しつつ軽く揉むくらいしか満足には出来ないわけですが、
その時にこの乳首の感触があるかないかだけでもかなり印象は変わってくるはず。
是非、手に入れましょう。







12033117.jpg


位置合わせはちょっと面倒ですけどねー。
あと、これは乳首に限らずおっぱい全体に言えることなんですが、
シリコンおっぱいとカバーの生地はもちろん接着しているわけではないので、分離感があるんですよ。
立体クッションの時にも思ったことですが、やはりこういう立体仕様にしたい場合は、
絵は裸体であるべきではないと思います。
文字どおり布の上から触るような感じになってしまうので、着衣の絵でしかるべき。











12033108.jpg


そうすれば乳首合わせも任意で出来ますしねー。
それに、服の上からと考えればこれくらいのかたさでもリアルかもしれません。
服っていうか、水着ですかね。
しかもビキニではなく、ワンピース。
ワンピースの水着で締め付けられたおっぱいの感触はあるいはこんなものかもしれません。
是非、今後はワンピースの水着一択でよろしくお願いします。



そしてもちろんもう片面は背面絵で。
こちらはお尻を膨らませて、正面から抱くときはおっぱいを体に感じつつ、両手はお尻をホールド。
背中から抱くときはお尻を体に感じつつ、両手はおっぱいをホールド。
というふうになれば、もはや完璧です。











12033107.jpg


え?
それじゃ両面完全防御じゃないかって?



そうですねぇ。
表裏一体な感じにするためには、背面絵のほうのおっぱいは背中の向こうに隠れてもらわないといけませんしねぇ。
まあ、顔くらいは寂しいので少し振り向いていただいても構いませんが、
個人的には2次元絵の後頭部っていうのもレアでいいかなーと思います。
ほら、うなじとか。











12033197UP.jpg


印刷は申し分ないでしょう。
この写真にはインク跳ねがありますが……。



全体的に色が薄く見えるのと、所々線が極端に薄くなってたりするところがあるので、
国産のハイクオリティ2wayと比べればインクの密度が低いのかも、という感じ。
生地の編み目が大きいんですかねー。
といっても問題のあるレベルではなく、ノイズも少ないし良質な生地だと思います。











12033115.jpg


まあ、露出がないとイヤっていうエロい人は多いでしょうから、ドリームランドさんのようにA&Jで通常のカバーも用意し、
そちらは差分の露出絵で、みたいにすれば販売戦略としては完璧でしょう。
買うほうも悩ましいけど嬉しいんじゃないかと。



とはいえ、普通はなかなかそこまで出来ないでしょうから、おっぱいをやわらかくすることも本気で考えないといけません。
そもそもおっぱいが大きすぎるためにカバーが張り詰めてかたくなってしまうわけですから、
もう少し控えめにするっていうのがひとつの手。
私の所有する乳首付き貧乳シリコンおっぱいを入れたら、問題なくやわらかかったです。
まあ、そうするとそもそも本体がやわらかいので、おっぱいのほうに全然存在感がなくなって、それはそれで微妙なんですけどねー。



それか、シリコンおっぱいそのものをもっとやわらかくするか。
つまり伸縮してなおかつ油分を通さない皮膜で覆うか、シリコン自体をもっとやわらかく成形するかということになりますが、
前者は出来たとしても高価になりそうですね。
後者はおっぱいがつぶれて見映えはいまいちになるでしょうが、まあ、
仰向けでつぶれるのは自然ですからいいんじゃないでしょうか。











12033115.jpg


さて、最後の写真となりましたので総評に移りたいと思いますが、
とにかくおっぱいはかためなのであまり期待してはいけません。
多分、想像より面白くないです。
やはり抱き枕のおっぱいに一番求められるのはむにゅむにゅ感でしょうからねー。
ただ、見た目は写真を見ていただければわかるとおり良いものですから、
見た目で感情移入できるタイプの人には文句なしお勧めです。

陥没しなければ。

ええ、どんな本体なら弾き返せるのか、気になるところではあります。
まあ、A&Jライクラ本体なら大丈夫なのでしょう。










ちなみに私にとってこれが初めてのオリジナルキャラ抱き枕だったわけですが、
幸いこの娘は人間ではありませんので、
おっぱいがかたいという脳内設定にすることが出来ました。
つまりこうです。



ある日、飢えて倒れていた狐を助けてあげたら、お礼にと美少女に変身。
ひとりじゃ寂しかろうと毎晩添い寝をしに来てくれるようになったが、添い寝じゃつまらないのでとりあえず抱く。
するとおっぱいがかたい。
まだ未熟者なのでうまく変身できないというので、仕方ない。
果たしてこの狐娘のおっぱいがやわらかくなる日は来るのだろうか。 ←来ない。



という感じ。
うむ、これならおっぱいかたくても納得できますねー。 ←できるか。










詠おっぱいのレビューも御参照ください。


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.