×Phos/抱き枕×
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
【ランドック・スタジオ】BEM 抱き枕カバー

ベラ
BelaChugai1.jpgBelaChugai2.jpg
メーカー:中外鉱業
発売:2019年9月20日(BEM Limited Store in新宿マルイアネックスにて先行販売)
価格:9,720円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル100%)

妖怪人間ベムオンラインストア 9,900円(送料:990円)




【バグシステム】真愛の百合は赤く染まる

B2タペストリー
愛実&真奈美
ManamiManamiB2BS.jpgメーカー:バグシステム
発売:2019年11月29日(PCゲーム「真愛の百合は赤く染まる」B2タペストリー付き)
価格:10,780円(税込)















『まかなしじゃないんか……』







HonjouManamiFace.jpgKanzakiManamiFace.jpgYuukoFace.jpg


11月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。
正直このゲームを買っていいのかここで紹介してもいいのかわかりませんが、

どうせ抱き枕化しないからいいよね? ←じゃあ紹介しなくていいのでは?



や、万が一HonjouManamiFace.jpg真奈美さんが抱き枕化されてしまったら絶対にゲームもやりたくなるでしょうから、
やはり紹介しておいたほうがいいかなーと。
ダル真奈美さんの抱き枕絵だったら多分スルーするけど……。 ←ダル真奈美さん?



こちらの作品はいわゆる百合ゲーでして、
私個人は今まで体験版すらプレーしたことないジャンルでございます。
といっても百合ものが嫌いというわけではなく、
単純に絵柄で惹かれるものがこれまでなかったという話。
まあ、百合ものはやはりエロが弱いイメージがあるので、
余程絵が魅力的じゃないとやってみようという気にならないというのは事実ですが、
こちらのHonjouManamiFace.jpg真奈美さんは立ち絵だけで個人的にはきゅんきゅんするレベルでございました。
実際、百合描写のほうも素晴らしかったですし、
体験版もこれから盛り上がるちょうど良いところで小気味良く終わらせてくれたので、

買うわ(抱き枕次第で)となりました。
これの前に体験版をプレーした親子丼ゲーも面白かったのですが、
母娘がライバル宣言をするところで終わってくれていたらなぁ……。 ←ここが体験版のクライマックス。
個人的には60点のゲームと思わせておいて最終的に80点になるゲームより、
80点を期待させて60点で終わるゲームのほうが好きです。
好きっていうかそもそも、

60点だと思ったらやらないし。
それこそその親子丼ゲーも当初の期待どおり80点で終わる作品なのかもしれませんが、
少なくとも体験版の最後で60点の結末を予想してしまった私の中では評価なしの作品となってしまいました。
もちろん金色ラブリッチェくらい評価されて抱き枕化もされれば話は別ですけどねー。



……さて。
とはいえこちらは明らかに抜きゲー的雰囲気でエッチシーンもなく終わってしまった体験版だったので、

おまけエッチシーンくらいは見ておかないと記事が書けないよね?
と思って見た1つ目のシーンはまだまだライトな序の口のエッチシーンでしたが、
なるべくフライングでエッチシーンを見たくない私からしたらちょうど良いレベルでクオリティも申し分ありませんでした。

ただ、2つ目のシーンのタイトルが見るからに不穏で、
最悪の光景が脳裏をよぎりましたがそんなわけないと他の可能性に思いを致すも全く思い当たらず、

果たせるかなまさしく最悪の光景が私の眼前に現れたのでした……。 ←そもそもエッチシーンじゃないし。



このブランドさんのこのメンバーによる前作は最初からリョナゲーだとわかってたから体験版もやらなかったはずですが、
つまりは私はリョナには全く興味がありません。
とはいえ、ここのリョナシーンに関しては体験版で出されていた質問の1つの答えだとすぐにわかりましたし(多分)、
彼女たちが純粋であるがゆえの行為だとはっきり察せられたので、
さすがに興奮はしませんでしたが比較的穏やかな気持ちで受け入れることが出来ました。



うんうん、よく頑張ったね。

死ぬんじゃないよ。 ←穏やかに受け入れすぎぃ!










>>続きを読む
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.