×Phos/抱き枕×
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
【キャラメルBOX】処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星

B2タペストリー
結城密正樹美玲衣
YuukiHisokaB2CB.jpgメーカー:キャラメルBOX
発売:2017年12月28日(電気外祭り2017WINTER in平和島にて先行販売)
価格:2,500円(税込)

MasakiMireiB2Sofmap.jpgメーカー:ソフマップ
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」ソフマップ特典)
価格:10,130円(税込)

アキバ☆ソフマップドットコム 10,130円(送料:540円/一部地域除く)
茨鏡子仲邑茉理
IbaraKyoukoB2Getchu.jpgメーカー:げっちゅ屋
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」げっちゅ屋特典)
価格:10,380円(税込)

Getchu.com 10,380円(送料:490円)
NakamuraMatsuriB2Trader.jpgメーカー:トレーダー
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」トレーダー特典)
価格:9,880円(税込)

トレーダー オンラインショップ 9,880円(送料:525円)
伊澄花迫水あやめ
IsumiHanaB2Melon.jpgメーカー:メロンブックス
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」メロンブックス特典)
価格:10,266円(税込)

メロンブックス 10,266円(送料:540円/一部地域除く/10,800円以上で無料)
SakomizuAyameB2Tora.jpgメーカー:とらのあな
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」とらのあな特典)
価格:10,584円(税込)

とらのあな 10,584円(送料込)
迫水すみれ風早織女
SakomizuSumireB2Gamers.jpgメーカー:ゲーマーズ
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」ゲーマーズ特典)
価格:10,584円(税込)

ゲーマーズオンラインショップ 10,584円(送料:500円)
KazahayaOrihimeB2CB.jpgメーカー:キャラメルBOX
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」オフィシャル通販特典)
価格:10,584円(税込)

キャラメルBOX ONLINE SHOP 10,584円(送料:650円~)














『女の子が多いと楽しいけどつらい』







YuukiHisokaFace.jpgKazahayaOrihimeFace.jpgMasakiMireiFace.jpg
IbaraKyoukoFace.jpgIsumiHanaFace.jpgNakamuraMatsuriFace.jpg
SakomizuSumireFace.jpgSakomizuAyameFace.jpg


2月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。

御存知おとボク3作目でございます。
妹ぱら3作目が発売された翌月に今度はおとボク3作目発売という胸熱な展開ですが、
店舗特典のタペストリーの構成や値段なんかも両者はそっくりだったので、

おらまとめやすくて助かったぞ。 ←知らんがな。



とはいえ、おとボク1作目が発売されたのは2005年で妹ぱら1作目が2011年ですから全く格は違うわけですが、

両者とも発売日が1月28日だったというのは奇妙な偶然ではあります。
それこそおとボク1作目はテレビアニメ化もされていて2作目もOVA化されているわけですからやはり格は違うわけですが、

妹ぱらだって2作ともエロアニメ化されてるんやで? ←自慢にならない!
しかも妹ぱらは3作目もすでにエロアニメ化が決定していますので、

現時点ではおとボクより格上なのでは? ←んなこたぁない。



ちなみに妹ぱら同様、おとボクの前2作も絵柄がぴんと来なくて私はプレーしてないのですが、
やはり今作の絵柄は素晴らしいと思います。
のり太絵は大きな瞳と凛々しい眉毛が不釣合いで苦手でしたが、
今作は相対的に目が小さくなったことでぐっと可愛くなったんじゃないでしょうか。
内容的には1作目の焼き直しのような側面はあるようですが、

2作目で2人になったエルダーが今作では3人になります。
上にお顔を貼った8人のヒロインのうち一番上の列の3人がそのエルダーになるようで、
体験版の冒頭はKazahayaOrihimeFace.jpgこの人視点から始まってすぐにMasakiMireiFace.jpgこの人視点に移りますが、
またすぐにYuukiHisokaFace.jpgこの人(男)視点に移ってそれからはずっとこの人(男)の視点で進行しておりましたので、
主人公が3人というよりはやはりこの人(男)が明確に主人公ということになるようです。
そのためにシナリオが重複するところもありましたが、

それを除いて考えても体験版はめちゃめちゃ長かったです。
体験版はクイックセーブしか出来ない仕様だったのでセーブ数という目安がないのですが、

オートで8時間以上はプレーしたような気がします。
ですがまだ共通ルートは終わりではなく、おそらくまだ最低でも3時間以上は続くんじゃないかなーと。
とにかく丁寧すぎるくらい丁寧なシナリオでぶっちゃけたいした内容ではなかったのですが、

それでも飽きることなく楽しくプレーできたのはやはりキャラ数の多さゆえでしょうか。
そのうちの何人かは攻略できないのだろうと思うと、

鬱にはなりますが……。 ←体験版は面白かったけどあまり続きには期待してない人。










>>続きを読む
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.