×Pos/抱き枕×
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【Whirlpool】初情スプリンクル 抱き枕カバー

冥堂羽月
MeidouHadukiWhirlpool1.jpgMeidouHadukiWhirlpool2.jpg
メーカー:Whirlpool
発売:2017年10月14日
価格:12,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

Whirlpoolオンラインショップ 12,000円(送料:850円)※受注販売(9月18日締切/10月中旬発送)


B2タペストリー
MeidouHadukiB2Sofmap.jpgメーカー:ソフマップ
発売:2017年7月28日(PCゲーム「初情スプリンクル」ソフマップ特典)
価格:9,698円(税込)
アキバ☆ソフマップドットコム 9,698円(送料込)
HanabusaKoharuB2Getchu.jpgメーカー:げっちゅ屋
発売:2017年7月28日(PCゲーム「初情スプリンクル」げっちゅ屋特典)
価格:9,780円(税込)
Getchu.com 9,780円(送料:490円)
HanabusaKoharuB2Medio.jpgメーカー:メディオ
発売:2017年7月28日(PCゲーム「初情スプリンクル」メディオ特典)
価格:9,990円(税込)
VCDSオンラインショップ 9,990円(送料:864円/一部地域除く)
MeidouHadukiB2Melon.jpgメーカー:メロンブックス
発売:2017年7月28日(PCゲーム「初情スプリンクル」メロンブックス特典)
価格:9,739円(税込)
メロンブックス 9,739円(送料:540円/一部地域除く/10,800円以上で無料)
MomosakiShizukuB2Trader.jpgメーカー:トレーダー
発売:2017年7月28日(PCゲーム「初情スプリンクル」トレーダー特典)
価格:8,980円(税込)
トレーダー オンラインショップ 8,980円(送料:525円)
MeidouHadukiB2Otachu.jpgメーカー:おた☆CHU.com
発売:2017年7月28日(PCゲーム「初情スプリンクル」おた☆CHU.com特典)
価格:9,980円(税込)
おた☆CHU.com 9,980円(送料込)










『ゆずソフトっぽいやつ』







MeidouHadukiFace.jpgHanabusaKoharuFace.jpgHinataMioFace.jpgMomosakiShizuku.jpgOsakabeKanadeFace.jpg


やー、前作(前々作?)ワールド・エレクションがクルルしか抱き枕化されなかったことにあまりにも失望してしまったので、
今作は2枚目が抱き枕化されるまではゲームに手を出さないと心に決めていたのですが、

とりあえず1枚目が出てきたので体験版くらいはやっておくかと思ったのが運の尽き。
すでに製品版を購入して羽月ルートをクリアし、
抱き枕カバーの購入も確定して今この文章を書いている私がおります……。 ←チョロい!
や、ぶっちゃけ体験版を始めてすぐに、
5分アニメのエロ坊主みたいなのがクラスメイトとして出てきたところですでに半堕ち状態でしたが、
なんなのあのサブキャラのクオリティ……。



チョロいと言えばMeidouHadukiFace.jpg冥堂羽月(めいどうはづき)ですが、
まさか前作(前々作?)のクルルに匹敵するほどの個性的なヒロインがまた生まれるとは思いませんでした。

このライターさん、天才でしょ。
しかもクルルはその個性が笑いのほうに全振りだったので、
ヒロインとして優れているかと問われればアイルノーツの愛莉ちゃんなんかと同様に微妙なところはありましたが、
羽月は笑いと萌えが半々くらいの絶妙な個性なんですよねー。

もはや当ブログのエロゲヒロインオブザイヤー2017は決まりかもというレベル。



今作のそもそものコンセプトは「ゆずソフトっぽいやつ」だったはずですが、
最近流行りの七つの大罪ネタを用いて羽月を高慢(傲慢)属性に設定することで、

最終的に使い古されたハルヒネタを直球でぶっ込んでくるセンスには感服させられました。
つまりはハルヒをいかに可愛く見せるかというアプローチで羽月のキャラ付けはされていったのだと思われますが、

とりあえず黒バニー耳は必要だったということ……。 ←マジで!
見た目は全然ハルヒとは異なりますが、
おそらくゆずソフトっぽいキャラデザというのを要求されたときに水鏡まみずさんがイメージしたのが、
MasakiGaillardFace.jpgこの人だったのでしょう……。 ←マジで!
それこそ前作(前々作?)のクルルの中の人を続けて羽月にも起用するつもりだったのに違いありませんが、
スケジュールが合わなかったのでしょうか。
とはいえ、代わりに起用された(多分)奏雨さんの演技はあまりにも完璧で、
よくぞあそこまで前後の文脈のない唐突なセリフを感情豊かに喋れるものだとほとほと感心いたしました。



声優陣に関しては、
HinataMioFace.jpgひなた……日向(ひなた)みお役に要しおりさんをすかさず起用するあたりも見事すぎて笑ってしまいましたが、
テンション高く喋るとあまりちゃん里菜≒ちゃん唯感は出ないんだなーと。
HanabusaKoharuFace.jpg花房小春(はなぶさこはる)とMomosakiShizuku.jpg百々咲雫(ももさきしずく)の中の人の演技も素晴らしいので、
トリノラインのシロネ役で当ブログのエロゲ声優オブザイヤー2017最有力候補となっている要しおりさんも、
下手したら今作の他のメインヒロイン3人に足元をすくわれるかもしれません。
ていうか、シロネルートをまだやってない現時点では確実に奏雨さんが上回っているわけですが、

ひなた……日向みおについても共通ルートではあえて一番デレないキャラとして扱われていましたので、
個別でのブーストにはかなり期待しております。
本来であれば一番甘々なピンク髪のヒロインを、
見た目どおりの甘々なキャラクターのままでデレさせないというギャップの付け方は天才的だと思いますし、
逆にそういう状態だからこそあの共通ルートでのエッチなシーンはめちゃめちゃ効果的でしたし興奮させられました。

天才っていうか、もはやこのライターさんは神なんじゃなかろうか。 ←近江谷宥神!



特に圧巻だったのは、ライターさん自身が本当にヒロインに恋をしながら書いているように見えたことです。
何かにつけて主人公に「好き」や「可愛い」を連呼させるところがその顕著な例ですが、
それが決して無闇矢鱈ではなく私自身も本当にそう思ってしまうようなタイミングで言わせるので、
めちゃめちゃ主人公に共感しながらヒロインを愛でることが出来たんですよねー。
それこそすでにこのゲームを一度プレーしてヒロインを好きになっている状態からテキストを書き始めたかのようなクオリティなので、

その想像力と妄想力は圧巻としか言いようがありません。



似た文章を書く某ベテランさんとはまるで別人のようだという、

よくわからない批評もWhirlpoolファンの間では見られますが、
ベテランでなければ到達しえないような良い意味で力の抜けたテキストであり、
個人的にはおぅんごぅるさんのテキストとよく似た感じを受けます。
キャラクターを自分の手足のように扱うのでもなく、かといって真摯にキャラクターと向き合うのでもない、

手のひらでキャラクターを転がすような卓越したその神のごときテキストには、
一方で作り物感が漂うのも確かですが個人的には一番好きなタイプのライターさんです。
しかも我々が2次元を愛でるがごとくその作り物をしっかりと愛でてくれる神様なので、文句のつけようがない……。



ぶっちゃけ今作はすでに当ブログのエロゲオブザイヤー2017確定ですし、
前作(前々作?)ワーエレもクルルルートしかプレーしてないので今のところはまいてつがエロゲオブザイヤー2016の最有力候補となってますが、

最終的には全ルートをやることになるのでおそらく今作とでWhirlpoolさんの連覇となるんじゃないでしょうか。
アマツツミは確かに強敵ですが(本編は2章までプレー済み)、単独ライターではありませんしねー。
とはいえ、世間的には今作がWhirlpoolさんの覇道の第一歩となるはずで、

覇道には必ず全ヒロイン抱き枕化がつきものですから、今作こそは頑張っていただきたいものです。
確かに以前ほどの宣伝効果はなくなってきているでしょうが、
まみず絵のキャッチーさであれば抱き枕化していくごとに確実に興味を持つ人が増えていくはず。



ただ、そのために絶対に忘れてほしくないものが笑顔です。
そのキャラの抱き枕絵にふさわしいかどうかは関係ありません。
テレビの中のアイドルであれバイトのレジ打ちの女の子であれ、
我々が美少女に初めてときめく瞬間はいつだって笑顔なのですから。

特にまみずキャラの笑顔にはどんな絵師も太刀打ちできない魔法がかけられてますので、これは絶対に欠かせません。



笑顔と乳首は絶対だ。

約束だぞ? ←乳首にも魔法が!










>>続きを読む
キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.