×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【動画工房】未確認で進行形 抱き枕カバー

夜ノ森小紅夜ノ森紅緒夜ノ森小紅
YonomoriKobeniCH1.jpgYonomoriKobeniCH2.jpgYonomoriBenioCH1.jpgYonomoriBenioCH2.jpgYonomoriKobeniMs1.jpgYonomoriKobeniMs2.jpg
メーカー:キャラハイ
発売:2014年7月11日
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

キャラハイ 12,960円(送料:756円~)※受注販売12,960円(6月23日締切/7月11日発売)
メーカー:キャラハイ
発売:2014年7月11日
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

キャラハイ 12,960円(送料:756円~)※受注販売(6月23日締切/7月11日発売)
メーカー:松本商事
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

wotacolor 9,720円(送料:600円)※受注販売(12月31日20時締切/2月上旬~中旬発送/但し10枚のみ1月5日以降発送)
メーカー:かぴばら
発売:2017年8月11日(コミックマーケット92にて販売)
価格:11,500円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(多分)










『マニアックな話を淡々とするブログはこちら』






今はなきキャラハイさんの小紅と紅緒が、なんとこの夏コミでかぴばらさんから再販されることになりました。
てっきりかぴばらさん=ぴっころさんだと思っていましたが、キャラハイ(企画堂)さんだったん……?
まあ、ぴっころさんとキャラハイさんは元々繋がりがあるようでしたし、
あるいはキャラハイ名義で販売していた中に実はぴっころさん企画の商品があったということかもしれません。



というのも、今回の再販は生地変更再販なんですよねー。
すでに初版の時点で現在も国内最高級生地であるところのライクトロンでしたので変更する必要はないわけですが、

ぴっころさんにはキャラハイさんのようなA&Jへのこだわりはないし、
キャラハイさん以上にゲファルサさんとの繋がりが強いようなので、

おそらく今回の生地はオペロンかレムベイスあたりになるんじゃないでしょうか。

<2017年8月7日>










>>続きを読む
キーワード検索

【ディオメディア】アクションヒロイン チアフルーツ 抱き枕カバー

赤来杏
AkagiAnAnimaru1.jpgAkagiAnAnimaru2.jpg
メーカー:TBS
発売:2017年8月11日(コミックマーケット92にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(8月7日17時締切/9月中旬~下旬発送)→受注販売(8月28日17時締切/10月上旬~中旬発送)










『赤来杏はアクションヒロインである』






今回のコミケは現在放送中の夏アニメからの抱き枕化が非常に多くなってるので、
とりあえずそちらから優先的に文章を書いていきたいと思いますが、

まずは先行通販が今日の午後5時締切のチアフルーツから行ってみましょう。



セイレンは枚数が多くて時間がかかりそうなのでまた次の機会に……。 ←おい。



ぶっちゃけチアフルーツは私の秘剣一話斬りが見事に命中したのですが、

抱き枕化されたので仕方なく見続けることにしました……。 ←仕方なくって。
まあ、1話目はとても幼稚なお話でしたし、
タイトルのチープさも相まって色々とネタ的なB級路線の作品なんだろうなーと思ったわけです。

ですが実際にはまんまラブライブ路線であり、
ある意味王道な美少女ものアニメだということがわかったので今は安心して見続けております。

特に車椅子の女の子にはどうやら双子の姉妹がいるようなのにそばにいないという設定がこれまでのアニメにはない斬新さであり、
しかもOPなどで絵を見た限りでは明らかに一番可愛いキャラデザになっているものですから大いに期待をしたわけですが、

そこでまさかのアイドル設定。
安易っちゃ安易ですが、青髪の気の弱そうなあのキャラデザでアイドル設定というのは正直驚きでした。
古来セーラームーンの時代から、色やその属性から名前をつけられた女の子たちの中で青属性のキャラといえば、

おとなしい系と相場が決まっているからです。
もちろん青にはクールなイメージもあるので気の強い系もいたりはしますが、あのキャラデザだったら確実におとなしい系。
しかも古来エヴァンゲリオンの時代から派生した感情乏しい系ではなく、王道のおとなし可愛い系。

例えて言えば二葉あおいちゃん系。 ←ビビオペ。



安易に色から名前をつけて青い娘を一番可愛いキャラデザにするあたり、このスタッフはよくわかってるなーと。

あおいちゃんかわゆす。 ←勇気ちゃんな!



しかも某勇者アニメの車椅子と姉妹という二大萌え要素をひとつに混ぜてぶっ込んだあのチート感。
もはやあの青山姉妹に勝てる者はいないでしょう。
ですがそれでもまだ飽き足りないとばかりに、
某勇者姉妹の妹の歌要素まで拾い上げて双子の片割れをアイドルにしてしまったわけでしょ?
もちろんアイドルものにはおとなしい娘も当たり前にいますけど、
一般人にアイドルがひとりだけ混ざるというキラキラ展開の中でそのアイドルがおとなしい系って、

めちゃチートじゃね? ←お前の中ではな!



まあ、某まゆしぃにも似たようなチート感があったわけですが、

そういう意味でももう勇気ちゃんがこのアニメの主人公でいいんじゃね? ←主人公は遅れてやってくる……と。










>>続きを読む
キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.