×Phos/抱き枕×
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
美少女ゲーム大賞vs.萌えゲーアワード
『2017年』


Getchu.com 美少女ゲーム大賞2017萌えゲーアワード2017
金色ラブリッチェ(SAGA PLANETS)準大賞/シナリオ賞/12月月間1位
ノラと皇女と野良猫ハート2(HARUKAZE)大賞/ユーザー支持賞/10月月間1位
Making*Lovers(SMEE)準大賞/主題歌賞/11月月間1位
景の海のアペイリア(シルキーズプラス DOLCE)準大賞/コンセプトデザイン賞/7月月間2位
アオイトリ(パープルソフトウェア)主題歌賞/11月月間3位
幕末 尽忠報国烈士伝 MIBURO(インレ)12月月間4位
ChronoBox -クロノボックス-(NO BRAND)シナリオ賞/エロス系作品賞BLACK/5月月間2位
水葬銀貨のイストリア(ウグイスカグラ)キャラクターデザイン賞/3月月間2位
お家に帰るまでがましまろです(ま~まれぇど)グラフィック賞/7月月間4位
10天結いキャッスルマイスター(エウシュリー)5月月間3位
11しごカレ ~エッチな女子大生とドキ×2ラブレッスン!!(アトリエかぐや BARE&BUNNY)9月月間11位以下
12トリノライン(minori)辞退
13はるるみなもに!(クロシェット)エロス系作品賞PINK/3月月間1位
14桜花裁き(IRODORI)ゲームデザイン賞/2月月間2位
15超昂神騎エクシール(ALICESOFT)7月月間7位
16新妻LOVELY×CATION(hibiki works)話題賞/4月月間2位
17シルヴァリオ トリニティ(light)燃え系作品賞/1月月間1位
18絆きらめく恋いろは(CRYSTALiA)グラフィック賞/11月月間2位
19こいのす☆イチャコライズ(eRONDO)3月月間4位
20ことのはアムリラート(SukeraSparo)コンセプトデザイン賞/8月月間1位
-月影のシミュラクル -解放の羽-(あっぷりけ)話題賞/1月月間2位
-アイカギ(あざらしそふと)ロープライス賞/1月月間3位
-しゅがてん!-sugarfull tempering-(Recette)ニューブランド賞/2月月間1位
-お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか? エッチの準備もまだですか?(Tinkle Position)エロス系作品賞PINK/2月月間3位
-ぼくはこうしてオタサーの姫になりました(デジタルGパワー)エロス系作品賞BLACK/3月月間3位
-初恋*シンドローム(Campus)4月月間1位
-あなたに恋する恋愛ルセット(ユニゾンシフト)純愛系作品賞/5月月間1位
-茜色の境界線(ALcot ハニカム)6月月間1位
-春音アリス*グラム(NanaWind)純愛系作品賞/6月月間2位
-フユウソ -Snow World End-(Campus)シリーズ賞/7月月間1位
-真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王(BaseSon)キャラクターデザイン賞/7月月間3位
-ワガママハイスペックOC(まどそふと)ファンディスク賞/8月月間2位
-FLOWERS -Le volume sur hiver-(InnocentGrey)辞退/9月月間1位
-癒しの女神の実験台(しろくまだんご)ニューブランド賞/9月月間2位



昨年やったこの企画、せっかくなので続けることにしました。
とはいえ、萌えゲーアワードさんが昨年までやっていたユーザー投票での年間ランキングを今年は発表してくれなかったので、
Getchuさんのほうの総合部門ランキングとの直接的な比較は出来なくなってしまいました……。
なので、Getchuさんのほうで発表された総合部門20位までのランキングをベースとして、
それらが萌えゲーさんではどう評価されたかということをわかるように表にしました。
更に、Getchuさんのほうではランキング外だったけれど萌えゲーさんのほうでは評価されていたという作品についても、
表の下に書き加えました。










>>続きを読む
2018年の抱負
あけましておめでとうございます。

昨年の今頃はやめるやめる詐欺でお騒がせしましたが、
半年でアニメ抱き枕まとめを再開し、勢いでエロゲ抱き枕まとめまで始めてしまってはや半年。
我ながら満足できるまとめシステムと更新スピードを達成することが出来たと思います。
さすがにここまで迅速かつ綺麗にまとめてしまってはさぞお客さんも増えてしまって、
好きなことも言いにくくなるのではと危惧する反面期待もしておりましたが、1年前とほとんど変わらず。



うむ、やはり抱き枕カバーのメインストリームは同人であって、
公式もののまとめにはそんなに需要はないのだと痛感させられましたが、

この調子なら今までどおり好きなことが言える。













>>続きを読む
テコ入れ
当ブログが昨年いっぱいでアニメ抱き枕の更新を終了し、エロゲ抱き枕専門ブログへと規模を縮小してから半年が経ちました。

ただ、それが「好きを諦める」から「無駄に好きにならない」へと態度を硬化させるために必要な措置だったとはいえ、
メインのエロゲヒロインについてもハードルを上げたら取り上げる作品が激減してしまい、

もはや先月の当ブログの更新は1回に留まるに至りました……。 ←縮小しすぎぃ!



というわけで、テコ入れでございます。










>>続きを読む
正式運用から6年半で幕
明けましておめでとうございます。
突然ではありますが、アニメ系抱き枕カバーに関する更新は旧年をもって終了とさせていただくことにしました。
理由はいくつもありますが、
とりあえずアニメ美少女へのアプローチに関して初心に帰りたいというのが一番でしょうか。










>>続きを読む
Fos的2016アニメ美少女ランキング
『秋(暫定)』






今季秋アニメの美少女ランキングをとりあえず出してみましたが、すみません。

今季はアイドルメモリーズに勝てる美少女が他におらん。



MX(&AT-X)オンリーですし15分アニメですし、
意味不明な中国推しのくせに純和製アニメという気持ちの悪さにドン引きしている人も多いでしょうから、
本来であれば見て見ぬふりをする作品なのですが、

今季はアイドルメモリーズに勝てる美少女が他におらん。 ←大事なことなので。



今季の不作っぷり(美少女的に)はかなりやばいでしょう。
最初の頃は1.烏丸千歳(ガーリッシュナンバー)2.宮田さやか(競女)3.雁淵ひかり(ブレイブウィッチーズ)くらいかなーと思っていたのですが、
折り返し地点を過ぎた現時点では作品的な面白さがどれも停滞気味ですしキャラの可愛さ的にもいまいちぱっとしないので、

アイドルメモリーズに勝てる美少女が他におらん。 ←大事なことなのね。



今季は本当に自分が見たいと思う作品だけを見ようと心に誓って臨んでいるので取りこぼしも結構あるかもしれませんが、
少なくともビジュアルだけで可愛いという作品はあまりないかなーと。
とはいえ、さすがに美少女ランキングをアイドルメモリーズが独占するという事態に対しては言い訳のひとつもしなきゃならんだろうということで、
こちらのページを設けることにしました。



まあ、いつもならそのとき更新した関係ないページに書いちゃったりするのですが、
クールごとのランキングデータをどこかに残しておかないと後になって自分でも思い出せなくなるようなことがたまにあるので、
こうやって1年ごとのランキングデータを記録するページを作ろうとちょうど思っていたところでもありました。
なので、今後はそのクールの最初のランキング発表と最後のランキング確定のときに、
このページに一筆書くことにしたいと思います。










>>続きを読む
Fos的エロゲオブザイヤー2014
はい、やっとお届けできます、エロゲオブザイヤー2014。
2013をお届けできたのは2014年の10月でしたが、今回は2016年の10月。 ←おい。



そして今回からはっきりと明言することにしますが、
このエロゲオブザイヤーのノミネート対象になるのは該当ヒロインの単品抱き枕カバーが発売されている場合に限ります。
特典だけでは対象外。



抱き枕カバーのないエロゲヒロインなんてクリープのないコーヒーみたいなものですから……。 ←じゃあ無問題ですね!














>>続きを読む
七夕のお願い
『2016年7月7日に考えたこと』






はい、今年も七夕でございます。

昨年のインフィニットさん……お星様へのお願いは「ノエルがQP絵で抱き枕化されますように」でしたが、
叶わないまま月日は流れてこれで七夕4連敗かと思っていたら、
なんと今になってやっとインフィニットさんが動く気配を見せてくださいました。

まだQP絵になるかアニメ絵になるかはわかりませんが、ノエルキタカモコレ。 ←かも?



や、まだ確定ではありませんが、来そうです。
なので、昨年のお願いの勝敗はまだ決しておりません。

ていうかそもそも七夕のお願いって1年で叶うものなの? ←あんたが自分で言い出したんやん。



まあ、ノエルっていうくらいですから本当はクリスマスにお願いするべきだったのかもしれませんが、
それこそサンタさんへのお願いってクリスマスの直前にして当日に叶うのが一般的でしょうから、

工程的に抱き枕カバーは難しいと思うんだよなぁ……。 ←サンタさんに工程があるのか。










>>続きを読む
Fos的アニメオブザイヤー2015
あけましておめでとうございます。

4ヶ月遅れとなりましたが、新年恒例の(?)アニメオブザイヤーをお送りしたいと思います。



や、最近ネタもないし、ゴールデンウィーク企画でなんかやろうかなーと考えていたらふと思い出したのです。
正月に書きかけて途中で放り投げたこのFos的アニメオブザイヤー2015を。

で、結局ゴールデンウィーク中には書き上げられないっていう……。 ←安定の仕事っぷりですね!



まあ、まだ今回で2回目なわけですが、なんで今回はこんなに気が進まないんだろうと思ったら、
前回はアニメのキャプを何かに有効利用したくてこの企画を思いついたんでした、そういえば。

でも昨年は結局ほとんどキャプらなかったばかりかあまつさえ積み録画を消化するために倍速再生がデフォだったので、
あまりアニメをちゃんと見てなかった感……。



だからかわかりませんがぴんと来た美少女も昨年は少なかったので、
この企画そのものがあまり成り立たない感じだったんですよねー。
とはいえ、ここで投げてしまったらもはや3回目はないでしょうから、踏ん張ってなんとか形にだけはしておこうかなーと。
というわけで、あまり面白くないオブザイヤーになってしまいましたが、少しでも興味のある人はどうぞ読んでみてください。

ただ、声優オブザイヤーに関しては倍速再生がデフォだったのもありますが、
やはり判断が難しいし記事的に面白くもならないので今回はやらないことにしました。
まあ、普通に主演女優は田中あいみちゃん(土間うまる)で助演女優は安野希世乃ちゃん(加藤恵)でしょうけどねー。
主演男優は日野聡くん(アインズ・ウール・ゴウン)か古川慎くん(サイタマ)のどっちか。
助演男優は今回もちょっと思いつきません。
小西克幸くん(ガクト)あたりでしょうか……。















>>続きを読む
Fos的アニメオブザイヤー2014
あけましておめでとうございます。
年末年始は更新ネタがなく、アニメオブザイヤー2014でも発表してお茶を濁そうかと思ったわけですが、

予想以上に文章量が増えてしまい、正月も終わってしまいました……。 ←今年も安定の更新ペースですね!



や、「SHIROBAKO」の安原絵麻ちゃんに触発されて手を速くしようと思い立ち、
12月はいつにないスピードで更新したつもりですが、
より趣味の部分が大きい文章になるとダラダラ書いてしまっていけませんねー。



というわけで、あくまで私個人が最終話までちゃんと見た作品に限ったアニメオブザイヤーですので、
共感できるところだけしていただいて、出来ないところはスルーでよろしくお願いいたします。
それでは長いですがどぞー。






>>続きを読む
Fos的エロゲオブザイヤー2013
2014年も残り2ヶ月ちょっととなりましたが、

私の中での2013年のエロゲオブザイヤーを発表したいと思います。 ←なんという誰得企画。



といっても私は抱き枕カバーが発売されないエロゲは買いませんし、

抱き枕カバーが発売されないキャラは攻略しませんので、対象はかなり限られております。
もちろん、自分の好きな絵柄じゃなければスルーですしねー。



なので、エロゲオブザイヤーなどと豪語してはおりますが、
非常に偏ったオブザイヤーであることは御了承ください……。 ←だって抱き枕ブログなんだもの。










>>続きを読む
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.